電源が入らない!壊れた!?必ず役立つiPhone修理の基本情報を紹介

このサイトではiPhone修理の基本情報などについて紹介しています。
電源を入れても入らないといった場合でも正しく対処すれば元通り動かすことができます。
また、接触不良を起こしやすいドックコネクタの修理や交換に関する情報も掲載しています。
自分でできる直し方からプロに依頼して直してもらう方法まで幅広く紹介しているので、iPhoneが壊れたのではないかと思った時には参考に試してみてください。

電源が入らない!壊れた!?必ず役立つiPhone修理の基本情報を紹介

iPhoneの電源が入らないのは、充電が無くなっている可能性が高いと考えられます。
製品に付属していた充電器を使って、1時間以上充電してみてください。
突然固まってしまったと考えられる場合には、強制終了させるのも一つの方法です。
音量ボタンと電源ボタンの組み合わせで強制終了させることができるので、取扱説明書を参考に試してみましょう。
それでも改善できない場合には、iPhone修理サービスを利用することをおすすめします。
状態を確認した上でiPhone修理を行いすぐに使えるようになります。

iPhone修理を利用する前に把握しておきたいバッテリーの寿命

最近iPhoneの電池の持ちがあまりよくないと感じたり、きちんと充電しているのにすぐに充電がなくなってしまうと感じるならば、iPhoneに入っているバッテリー自体が劣化している可能性が高くなります。
そうなると状態はどんどん悪くなっていくので、早急にiPhone修理に出して新しいものに交換をしてもらう必要が出てきます。
iPhone修理を利用する前に把握しておきたいのがバッテリーの大体の使用期間であり、製造をしているAppleが公式で発表するiPhoneのバッテリーの寿命は約3年とされています。
ただしこの3年はあくまで目安であり、使用方法によっては寿命は変動しやすく負担を与えるような使い方をしている人は、3年よりも早く劣化を起こしてしまう可能性がありますし、適切な使い方をしているなら3年以上持つ場合もあります。
これを踏まえて今使用している機種を購入してからの期間を考え、バッテリーの劣化が起こっているか判断できるようになります。
3年近く使用しているなら確実に交換時期にきているサインといえます。

強制的にシャットダウンしてしまう症状のiPhone修理はバッテリー交換で解決

iPhoneを使っていると、必要な電力をバッテリーが供給できなくなったため、突然のシャットダウンが発生しました、といったメッセージが表示されることがあります。
これは一部のiPhoneで追加されたパフォーマンス管理機能と呼ばれる機能によるもので、強制的に再起動することで消費電力を減らすというものです。
この通知が頻繁に表示されるような場合には、バッテリーが劣化している可能性があります。
iPhone修理のお店に持ち込み、バッテリー交換をしてもらうと良いでしょう。
iPhone修理店ではバッテリーの状態を確認し、劣化が進んでいる場合には新品のものへと交換してくれます。
これにより最適なパフォーマンスへ戻すことができ、最大容量も100%に改善することができますから、シャットダウンや電源が入らないなどの不具合を防ぐことができおすすめです。
ただバッテリーを交換するだけなので時間もかかりません。
電池の持ちが良くなり使い勝手も良くなるので是非試してみてください。

充電してもバッテリーが溜まらないときのiPhone修理もバッテリー交換で解決

iPhoneが充電してもバッテリーが貯まらない時は、容量が劣化により減っている可能性があります。
iPhone修理専門店では、バッテリー交換をリーズナブルな料金で行っていますので使える時間が短くなったと感じた時には依頼してみてはいかがでしょうか。
端末のモデルによって金額は異なり、古いほど料金は安いのが一般的です。
メーカーやキャリアに依頼するよりも安くスピーディーな対応が期待できますので、急いでいる時に最適です。
iPhone修理専門店では、常にバッテリーの在庫がある状態なのが一般的です。
充電したのにあまり時間が持たないと感じた場合には、早期の交換をお勧めします。
iPhone修理専門店に持っていくと、その場で対応してくれるので30分程度で交換が完了するケースもあります。
設定の画面から、現在のバッテリーの状態を確認することができますので外出先ですぐに電池が無くなってしまう場合には来店をおすすめします。

バッテリー交換のiPhone修理は正規店を使えばその場で対応可能

iPhoneのバッテリーの容量が少なくなってきた場合、100%の充電をして出かけてもすぐになくなってしまうケースがあります。
持ちが悪くなったと感じたら、設定画面から状態を確認して80%を切っているようなら取り換えることでもちが良くなるので確認をするのがお勧めです。
正規店を使うと、その場で対応が可能ですしiPhone修理にはいろいろなお店がありますが正規のお店を選んでおくと後からメーカー修理で拒否されることがありません。
iPhone修理で、非正規のお店を利用した場合には社外品のパーツが使われていることがありその場合には正規店で受け付けてもらえないことがあります。
iPhone修理にはいろいろなお店がありますので、どこにしようか迷っている人も多いのではないでしょうか。
純正のパーツを使って修理をしてくれる正規のお店なら安心です。
価格だけで判断せず、スピーディーに対応してくれるショップを選ぶのもポイントです。

iPhone修理に関する情報サイト
必ず役立つiPhone修理の基本情報

このサイトではiPhone修理の基本情報などについて紹介しています。電源を入れても入らないといった場合でも正しく対処すれば元通り動かすことができます。また、接触不良を起こしやすいドックコネクタの修理や交換に関する情報も掲載しています。自分でできる直し方からプロに依頼して直してもらう方法まで幅広く紹介しているので、iPhoneが壊れたのではないかと思った時には参考に試してみてください。

Search