通話相手から聞き取りにくいといわれたときのiPhone修理はドックコネクタ交換

通話相手から聞き取りにくいといわれたときのiPhone修理はドックコネクタ交換

iPhoneを使用していて通話相手から声が聞き取りにくいと言われた場合は、マイクの部分が接触不良を起こしている可能性があります。
この際にはドックコネクタを交換することで改善されることが多いため、iPhone修理でこの修理を依頼するのが1つの方法となっています。
ドックコネクタの部分は単純にコネクタを接続するだけではなく、様々な機能を持っているため、この部分が破損するといろいろなトラブルを発生させてしまうことが少なくありません。
特にオーディオの部分はその機能が集中しており、接触不良等が発生すると音響的な部分で様々な影響を及ぼしてしまうことが多いため注意が必要です。
声が全く聞こえなくなってしまった場合には接触不良や切断などの危険性も考えられますが、聞き取りにくいと言われる場合にはそのレベルの低下が発生している可能性が高いものです。
iPhone修理を依頼する際には、その症状を的確に伝えることが大切です。

イヤホンジャックの修理を安くするにはiPhone修理店に持ち込む

iPhoneの最近の機種にはないけれど以前の機種にはあるのがイヤホンジャックで、故障しがちな部位です。
イヤホンからの音がしない、たまに途切れる、イヤホンが差し込まないことや抜けなくなったなどのトラブルが発生し、ジャック内に汚れが付着したり、ジャックではなくケーブルに問題があることもあります。
直すには自力で直すに方法もありますが、iPhoneの正規店やiPhone修理専門店に依頼します。
正規店では通常持ち込む日時を決めて持ち込んで、修理はiPhone修理専門の工場に送付して行います。
しかしほとんどのケースが機種の新品との交換で、なぜなら保証サービスに加入していると割安になるからです。
もちろんサービスに加入していないと高額になり、サービス加入でも最低でも1万円程度かかります。
その点iPhone修理専門店は予約なしで修理を行い、壊れたイヤホンジャック部位の部品を交換するだけなので、費用も安く済みます。
安く早く修理するならiPhone修理店がおすすめです。

iPhone修理に関する情報サイト
必ず役立つiPhone修理の基本情報

このサイトではiPhone修理の基本情報などについて紹介しています。電源を入れても入らないといった場合でも正しく対処すれば元通り動かすことができます。また、接触不良を起こしやすいドックコネクタの修理や交換に関する情報も掲載しています。自分でできる直し方からプロに依頼して直してもらう方法まで幅広く紹介しているので、iPhoneが壊れたのではないかと思った時には参考に試してみてください。

Search